ぎっくり腰とはどういうものか

ぎっくり腰とはどういうものか

ぎっくり腰とは、急性腰痛症の事で、加齢等によって椎間板が弱っているところに、外圧がかかった時に発生する、軽い捻挫のような症状です。

重たい物を持ち上げた時等に、起きやすいものですが、それ以外にも、前かがみになった時や、長時間座っていた時等、日常の何気ない動作や姿勢によって起きる事もあります。

症状が出た場合、痛みが落ち着くまでは楽な姿勢を取っておく事が大切ですが、ある程度、痛みが落ち着いた後は、体を動かすようにする方が、治りが早くなります。

関連記事

  1. むちうちについて

  2. 少年野球など成長期の選手に多いオスグットとは

  3. 肩こり解消法は、ストレッチがおすすめ

  4. パソコンによる頭痛の解消法

  5. スポーツが原因で膝の痛みが生じることがあります

  6. 肩こりは骨盤矯正することで改善できる場合があります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。