少年野球など成長期の選手に多いオスグットとは

少年野球など成長期の選手に多いオスグットとは

オスグットとは、正式にはオスグット・シュラッター病と言う、膝の脛骨が太ももの筋肉に引っ張られ、出っ張る事で膝に痛みを生じると言う病気です。

野球やサッカーなどのスポーツを行う成長期の中高生に多い病気で、激しい運動で体を酷使し、脚や膝に負担がかかり過ぎると発症します。

オスグットはしばしば成長痛などと呼ばれたりしますが、いわゆる所の成長痛の様に放置すればその内収まると言う物ではありません。

発症した場合、完全にスポーツを中止して安静にしなければ完治は難しいとされています。

成長痛と判断して我慢しながら運動を続けると悪化してしまう為、症状が見られた場合は安易な判断をせず、医師の診察を受ける様にしましょう

関連記事

  1. 肩こりは骨盤矯正することで改善できる場合があります

  2. 肩こり解消法は、ストレッチがおすすめ

  3. ぎっくり腰とはどういうものか

  4. むちうちについて

  5. パソコンによる頭痛の解消法

  6. スポーツが原因で膝の痛みが生じることがあります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。